ジーナ式 7ヶ月 22時のミルクがなくなる?

育児
スポンサーリンク

我が家では、ジーナ式と呼ばれる↓

こちらの本を参考に、0歳児と1日過ごしています。

というのも、もうすぐ生後1ヶ月になるという頃、我が子の睡眠について悩み始めたからです。

3時間おきのおっぱいとミルク(混合育児してました。現在は完ミ。)。

睡眠不足が続いていましたが、授乳が終われば寝落ちしてくれる、 それを頼りになんとか踏ん張っていました。

ところが、だんだん、授乳後寝落ちをしない、寝ても置いたら起きる(モロー反射)ようになります。オムツもお腹もどちらもチェックしたのに寝てくれない、ユラユラしてやっと寝ても、背中スイッチで起きる、そんな日々が続きました。

人間には、食欲、睡眠、性欲、の3大欲求があると言われますが、

睡眠が満たされないことが1番つらい。

母乳をつくるために重要な食欲もわかず、性欲なんて宇宙の彼方にふきとびます。

ジーナ式のメリットは、スケジュールに沿って動くことで、赤ちゃんがなぜ泣いているのか、

何をしてほしいのか、がわかるようになることです。

何はともあれ、ジーナ式の7ヶ月の様子をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の7ヶ月の1日のスケジュール

7:00 起床

7:15 ミルク

7:30 着替え

8:00 遊び

9:00 朝寝

9:45 朝寝終了

11:00 離乳食1回目+ミルク

12:00 お昼寝

14:15 お昼寝終了

14:30 ミルク

15:00 遊び&散歩

17:00 離乳食2回目

18:00 お風呂

18:30 ミルク

19:00 就寝

(22:00 起こしてミルク)

23:00前までには就寝し、夜中は起きずに翌朝7時まで寝ます。

我が家の寝かしつけ方法

・抱っこユラユラをしない

・寝る前にベッドに置く

・寝る前に部屋を出る

オプションとして、

・部屋をできるかぎり真っ暗にする です。

ジーナ式を取り入れる前は、抱っこユラユラして腕の中で寝かせてから、そーーっとベッドに置く、

(そして背中スイッチで起きて泣く、また抱っこユラユラ・・・)を寝かしつけとしましたが、

そこからいきなり、現状の、起きた状態で寝る前にベッドに置いておやすみ〜は無理だったので、

起きている状態でベッドに置いて、目をつぶるまで、お腹をトントンしたり、おでこをなでなでしたり、を繰り返して、1人で睡眠に入れるよう、慣れさせました。

22:00 起こしてミルクがなくなり、夜通し寝るようになった

22時台のミルク(22時頃起こして22時半までにはミルクをあげはじめます)は、夫が担当していました。(これを逃すと1日に1回も子供とふれあえないため。このおかげか、人見知りが始まった今も、パパ見知りはなく、パパが居るとうれしそうです。)

生後7ヶ月2週目のある日(※1日目とします)、ミルクを与えても1滴も飲んでくれない日がでてきました。

その前から徐々にこの時間のミルクを嫌がっていて、飲む量もだいぶ減ってきてはいましたが、

それでも100ml前後は飲んでいました。

ですが、本人が飲みたがらないので仕方がありません。夜中にお腹が空いて起きないか、のどはかわかないか、心配でしたがそのまま寝かせました。

何の問題もなく、翌日7時まで寝ていました。

でもやっぱり心配なのと、2回食が定着するまでは、22時台のミルクはやめるつもりはなかったので、その日の夜(※2日目)はまた起こし、飲ませてみたら50ml飲みました。

その次の日の夜(3日目)、夫が次の日は休日だったのもあり、思い切って22時台のミルクをやめてみることにしました。そして結局起こさず飲まさずでも、その3日目夜から、夜7時就寝の翌朝7時起床のスケジュールが保たれています。

<注意>この時間のミルクカットは体重が順調に増えている、離乳食が定着している、ことが条件です。うちの子は、離乳食2ヶ月目頃から、1日のミルクの量が減り始めていたのですが、体重は順調に増えていました(見た目にもポチャポチャのムチムチ)。離乳食中期の7ヶ月でしたが、まだまだミルクや母乳から栄養をとらなくてはいけないころです。離乳食を残した時は、その後のミルクの量で調整しています。

23時〜翌朝7時の間の授乳がなくなったのはいつ?

既に記憶がないのですが、授乳日誌なるものを見かえしてみると、ジーナ式のおかげか、

うちの子は3ヶ月に入った頃には22時半のミルク後は、翌朝7時まで寝ていたようです。

それまでは、22時半のミルクの後は、だいたい深夜2時〜4時の間に1回は空腹で泣いて起きていました。

それより以前の2ヶ月のころの記事があるので、気になる方はどうぞ↓。

ジーナ式 生後2ヶ月(9週)

ジーナ式はメリットばかり?

ジーナ式を参考にして良かったことは、私の場合は夜寝てくれるようになったことです。

そのぐらい私にとって睡眠不足は辛かったし、あの頃は夫婦仲が悪化しました。

以下、私が思うメリットとデメリットです。

ジーナ式のメリット

・早いうちから夜まとまって寝てくれるようになること

・生活リズムが整っているからなのか、(今のところ)夜泣きしない

・スケジュール管理をすることで、時間的に、なぜ泣いているのか(空腹か眠いのか)判断しやすい

・ベッドで1人で寝かしつけ無し(抱っこユラユラなど)で寝てくれる

・昼寝を含む睡眠時間が決まっているので、自分の用事にあてられる時間が把握できる

・夫にスケジュール共有できるので、夫も対応しやすい(また、頼んで出かけられる)

ジーナ式のデメリット

・暗くて静かな場所でないと寝ない

・1つスケジュール時間と合わないと、その後のスケジュールが崩れる

・添い寝できない

・出かけたい時間が昼寝の時間とかぶる

暗くて静かな場所でないと寝れない?

車の中では眠たければ寝ました。

地域の離乳食教室があった時、いつもがっつり朝寝をしている時間とかぶり、

教室の間、眠いのに寝れなくてギャン泣き。

抱っこ紐で抱っこしておくるみかぶせて、できるだけ暗くしてなんとか寝かせました。

明るくて、大きな話し声が聞こえる中、大の字で寝ている赤ちゃんを見て、

ちょっとだけ後悔しました。

1つスケジュールがずれると、その後のスケジュールも崩れる

「この時間は起こしておいてください」って書いてあるけど、寝ちゃったとか、

「この時間はしっかり寝かせてください」って書いてあるけど、起きちゃったとか、

どうしたらいいの?って時が数えるほどですがありました。

でもこれも改訂版に説明が増えていたので、買うなら改訂版をおすすめします。

添い寝できない

窒息死等の危険があるので、添い寝は推奨されていませんが、

添い乳のためとかでなく、ただただ、たまに同じベッドで一緒に寝たいなぁ…と思う時があります。

自分のベッドじゃないとなかなか寝てくれないので、今後も一緒に寝ることはないのかなぁなんて思うと、少し寂しい。

出かけたい時間が昼寝の時間

予防接種、検診、その他用事などと、ねんねの時間がかぶることがあります。

日中の昼寝の時間を管理することで、夜まとめて寝るようになるのがジーナ式なので、

どうしても出かけなきゃいけない時は、スケジュールをアレンジしないといけません。

ただ改訂版では、昼寝時間の外出についてもふれています。

私の予防接種や検診に行く時のスケジュール アレンジ

かかりつけの小児科は予防接種や検診の時間が13:00~15:00と決まっています。

病院までの時間を考えると、どうしてもいつもはまだ寝ている時間に起こさなくてはならず、

そして14:30のミルクの時間もかぶってしまうのです。

4ヶ月検診の日は、朝一からスケジュールを前倒ししました。まだ離乳食は始めていませんでした。

6:30 起床&ミルク

8:30 朝寝 9:15まで45分間

10:30 ミルク

11:30 昼寝 13:30まで2時間

13:30 ミルク

14:00 出発

15:30〜17:00の間で眠そうなときに10分〜30分間程度寝かせる

17:00 ミルク 半分

18:15 ミルク 半分

18:30~19:00 様子を見て眠そうであれば早めに寝かせる

22:30 ミルク

と、こんな感じでした。

10ヶ月検診の頃には、朝寝もなくなってるかもしれないし、夕寝はもうしないので、

どうしようかなぁ、という感じです。

まとめ

ジーナ式7ヶ月の様子はいかがだったでしょうか。

全て本どおりにやるのは難しいので、良いとこどりでもいいのではないでしょうか。

本には事細かに、こんな時はこうする、がいっぱいつまっています。

赤ちゃんの生活リズムを整えたい方にはおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました